2005年04月24日

天然生活VOL.1再発売決定!

天然生活 06月号 [雑誌]
毎回購読しているけど、vol.1だけ見た事がないのです。私が利用している本屋さんのどの棚に並べてあったのか?今となっては謎だわ。
vol.2からいきなり山積みで目にする事になった気がする。

vol.1には「ひつじのクロシェ」が付いていたせいか、気づいた時にはすでに完売していたのです。現在発売されているvol.9(←06月号のこと)に、ムック再発の予告記事が載っていました。

やったー!
ふむふむ、発売予定は5月下旬ね。楽しみだわ。
「ひつじのクロシェ」はつかないのね。ちょっと残念・・・。
タグ:


posted by じんこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌

2005年04月21日

方眼編み その2

はなもようの方眼編み特に問題なく進んでいると思っていたが、そうでもないことに気づいた。
2/3くらい編みあげたところで、何気なく定規をあててみたら、おや?高さが足りないのではないか。アイロンかける時に引っ張り気味で大丈夫かな〜と思いもしたが、延びてくれない。あんまり無理するとぶちっといいそうだ。
指定の針は0号だったが、作り目が長くなり過ぎたため、針を4号に持ち替えてサイズ通りにした。これで作り目は良かったのだが、縦の部分、長編みは小さくなってしまった。
あなどれないぞ方眼編み。
タグ:フェリシモ


posted by じんこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 編み物>かぎ針

2005年04月19日

方眼編み その1

はなもようの方眼編み「アンティークカラーがここちよいクロシェレースの会」をフェリシモで見つけた事が、レース編みを始めるきっかけでした。
6回限定のこのシリーズ、デザインもバラエティーに富み、レース糸の色もタイトル通りアンティークカラー。
それまでは、レース編みの糸と言えば真っ白が当たり前と思ってましたから(さすが初心者、知らないことが多い)自然な色あいの糸に惹きつけられました。
今回取りかかっているのは「はなもようの方眼編み」です。方眼編みももちろん初めてですけど、特に問題なく進んでいるようです。右行って左行ってと、まるで棒針あみのようです。
タグ:フェリシモ


posted by じんこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 編み物>かぎ針

2005年04月16日

リンゴの食感

モモ
夕食後にリンゴを分けてあげた。モモは、麦チョコくらいの小さなリンゴでも3回から5回くらいしっかり噛む。シャリシャリシャリと、とてもいい音で噛む。
おいしさを噛みしめる?
お肉だったら即丸呑みするのに。
タグ:モモ


posted by じんこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛する四つ足

2005年04月14日

dents de chat

dents de chat
これが縁取りの正体。直訳すると「猫の歯」。
縁の仕上げは当然かぎ針だと思っていたら、どこにもそんな記述がない。
拾い目した後、かけ目と左上2目一度を繰り返し、メリヤス編み・・・(左図)
はあ?そんなことしたら縁がどんどん厚くなっていくじゃないのよ。
いいんです。厚くなっても。
裏側に折り返して縫い止めるのですから(右図)
こんな簡単なことだったなんて。


2005年04月10日

phildarからお手紙が

手紙"marie claire idees 55"掲載「かのこ編みジャケット」の作り方解説書が届きました。
初めて見た時一瞬にして心奪われてしまった。
このレシピ希望者はフランスのメーカーPhildarに手紙を出して・・・うんぬんとあった。
英語すら満足に出来ないのに、フランス語で手紙なんて、いったいどう書けばいいの?悩んだ末、手紙は英語で書きました。
返信用封筒にアドレスを記入し、国際返信切手券を2枚同封したはいいが、本当に届くのか?手紙の内容は通じるか?など不安いっぱいの2週間を過ごした結果、

きたっ!ちゃんと入ってました。うれしい!
かのこ編みジャケット
解読に2週間かかりました(長すぎ?)
略図をベースに、方眼用紙に編み図を書いて・・・とここまでは順調でしたが、仕上げ部分の縁取りがよくわからなくて、縁解読だけに1週間以上かかりました。
編み物はビギナーで、かのこ編みさえさっき知った私だからこそ、苦悩の日々でしたけど、今思えば、この写真だけで縁編み出来る人は多いかも。。。


posted by じんこ | Comment(2) | TrackBack(0) | 本・雑誌