2006年07月25日

初登場なのに

我が家のフェレット、ノロイちゃん(アルビノ・メス)。ちょっと若い時の写真。
pet11.jpg
瞳の色は赤だけど、写真ではガラスっぽく透き通って見える。性格は荒い。

フェレットは夜行性です。
ノロちゃんは、夜中にガチャガチャンっと飛び起きて、後ろ足でジャジャジャジャっと耳を掻いて、その後うんちして、それから餌を食べる。毎回決まってこのパターン。わりと騒々しい感じ。
起きている時はじっーとしていられない生き物で、爪を切ったり、写真を撮るのが難しかった。

爪切りと言えば、人間用の爪切りを使っていた時があり、夫が切る係で、首の後ろを持ち上げ支える係が私だった。
二人三脚は大失敗で、落ち着きのない彼女をギュッとつかんだ瞬間、振り向きざまに唇を噛まれたことがありました。いろんな所を噛まれましたけど、あれが一番痛かったな〜。それからは夫が一人で担当。プラモデル用のニッパーを使って切っていました。

そんなやんちゃなノロちゃんも、かなりのおばあちゃんでありまして、病気がちになり半年くらい通院し、先日他界しました。
亡くなる前日の夜もいつもと同じパターンでたいそう賑やかだったので驚きでした。
初登場なのに最後だなんて、ごめんよ。
タグ:ノロイ


posted by じんこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛する四つ足