2012年02月21日

ファーつきスヌード

ファーつきスヌード完成です。
Fur Snood


パターン9 スヌード(B; ファーつきスヌード)
1つの編み図で2つのニット <文化出版局>
デザインPuppy
オリジナル糸
価格不明
棒針15号・ジャンボ8mm


在庫糸たちを使っての作品、どちらの糸もオリジナルです。ご紹介しま〜す。

custom blend yarns
細いアルパカ4本と極細モヘア1本と黒ループヤーンの引き揃え。ゴム編みの部分に使用。


hand dyed yarns
ファー部分はこちら。モヘア1本とファー1本の引き揃えで、段染めっていうよりかはムラ染めみたいな感じ。
これを染めたのは糸魔の友達で、失敗作とのことで6玉ほどいただきました。


ワタシが着ると虫みたいだと言われているキルティングコートに合わせてみました。
Fur Snood
およそ2m、3重巻きにしています。
パターンよりやや長めになってしまった。

ここで使った細いアルパカ糸ね、残りがおよそ1kgあるんです。5本合わせて中細になるかな〜くらい。この後何に使ったらよいものか。。。悩みますね。


2012年02月17日

優秀賞ホクホク

先月応募したクロバーかぎ針「アミュレ」ケースブログコンテストにて、わたくし優秀賞をいただきました。
なんてうれしーことでしょう。
感激しています。


今回の結果発表を見て思ったことがあるんです。
それは、皆さんの作品の完成度が非常に高いことです。
どれも欲しくなるものばかり。
色も形もかわいいし凝った作品が多くて、何よりアミュレに合っているんですよ。
アミュレケースコンテストなんだから、合ってて当たり前と言えば当たり前なんですよね。
しかしどうでしょう、私が製作したケースはアミュレに合っている?
赤白2色のせいでしょうか、あの中でなんか異色な感じが。。。
そう考えると、よく入選できたなぁ〜と運のよさにホクホクにんまりしちゃいます。
ありがとうクロバー!

優秀賞の商品は「匠」ダブルフックアフガン針(6号.8号.10号)とパッチワークはさみボルドー170でした。
prize
豪華商品です(リボンが匠カラー)

プレゼント開ける時のワクワク感てたまりませんね。
このパッチワークはさみボルドー、高級感すごい!
切れ味は小気味よく、音が静かです。
5〜6枚の重ね切りも可能とのことで、試してみました。
古布として保管してあったシャツの袖口を3つに折り重ねてはさみを入れた写真がこちら。
Clover "Patchwork Scissors" Bordeaux 170
布は薄めですが6枚重ねになっています、切り口側は縫い目なので更に厚くなっていますが、なんら抵抗がありません。スーと吸い付くように切れます。
生地を重ねて切る時のずれなどが、はさみの切れのよさで改善されるとしたら、パッチワークのピースを裁断するときなど役立ちますね。
家宝にさせていただきます。おほほ。

さあ次は、ダブルフックアフガン編みかしら〜。
未体験です。輪編みも出来るんですよね。どうやってそうなるのか不思議の世界。
その前にヘアピンレースでした。
今年は未完を減らしますよ。


posted by じんこ | Comment(2) | TrackBack(0) | その他

2012年02月07日

編み終わりの糸始末

Granny squares
プリンセスアニーの白と黒がずっと前から押入れにありました。何に使おうと思って買ったのかまったく思い出せないその毛糸たちを使って、かぎ針モチーフブランケットを編むことにしました。

モチーフ=糸始末
と言ってもいいくらい、糸始末ばかりですよね。
モチーフが4段でしょ、それに縁入れてだから。。。1個のモチーフに対して糸始末は10回。
糸始末はその都度やっています。
そうじゃないとやりにくいのでその都度なんです。
始末の場面は同じなので、何度かやっていくうちに始末パターンが定着してくれて、今はさほど苦でもなくなりやれやれです。

ところが、編み終わりの糸始末でちょっと問題が。
前段の最初の目を引き抜いて、引き抜いたその次の目をくぐらしていましたが、そうすると1目増えちゃうんです。
1目増えたって見栄えは悪くないし、まぁこれで編み終わりならそれでもいいんですが、縁編みしてモチーフをくつけます、となった時に目の数が合わなくなる。

今回も悩みましたね。
前回の2目ゴム編み止めに比べるとたいしたことはなかったのですが、ひとりぐるぐる考えて、Twitterで質問したり、ネットを徘徊したりと悩める日々を過ごしていたわけなんですが、クロバーのサイトに答えはありました。

この動画にワタシの知りたい全てがありました。
How to Note あみもの 〜クロッシェ編〜 円編みの場合「編み終わりの糸始末」

な〜んのことはない、ワタシの悩みはなんてちっぽけだったのかと思わせるぐらい簡単なことでした。
くぐったことで1目増えるなら、さらにその先をくぐらして相殺すればよかったわけですよ。


編み物に正解はないと誰かが言ってました。
そうです、いいんですよホントは何でも。
例え目数が違ってようとつなげられます、つながっていればブランケットなんです。

と言いつつ、妙にこだわりたいワタシだったりします。
fasten off


posted by じんこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 編み物>かぎ針