2012年09月27日

くまこセーター講習会

イモ焼酎とくまこ
イモ焼酎とくまこ

くまこセーター講習会を開催していただきました。
講師は、札幌てくてくニットカフェ仲間のJERRY!さん。
彼女はプリモプエルのニット(帽子、手袋、セーターなど)を編んでいる方で、くまこにもセーターをとお願いして実現した訳です。
今までにいくつ編まれたの?って質問したくなるくらい、オリジナルニットがいっぱいあるんです。(詳しくはこちらを)
小さなニットたちは、細い糸と細い針で丁寧に作られていて、すっごく愛情が感じられます。
これを着ているプエルちゃんたちは本当に幸せそうです。

本題のくまこセーターですが、始まってすぐ息切れです。
今までのゴム編みとはまったく手順が違うので戸惑います。
別糸を使い、棒針にかぎ針で目を作っていく方法で、そこからゴム編みの作り目を作っていきます。後に最初の一段をすくい上げてゴム編みになるのですが、そのすくい上げる下向きの目(シンカーループ)が途中わからなくなっちゃうのです。
袖1つ
2時間半でやっと袖1つ編めました。

そうそう、今回使用したカフェは、カフェ札幌|cafe et craft yue.いいですよ〜。
路面店じゃなくビルの9階なので知る人ぞ知る「隠れ家カフェ」と言ったところでしょうか。
スペシャルルーム(6人用の個室)を予約して、広々と2人でニットカフェ。

次回もここでお願いしようかな。
個室さいこーだし、フレンチコーヒーは美味しいし、ハニーディスペンサーに入ったメープルシロップはかけ放題なんですもの。


2012年09月11日

愛猫ニャー亡くなる。そして、

もう2ヶ月以上前のことですが、カギしっぽの猫「ニャー」が亡くなりました。
13歳くらいでした。
Nya - mischievous cat
甘えん坊でいっつも人の後をくっついてきて、踏まれてもなおくっついてきました。
いたずらっ子でいろいろ泣かされたことも多かったです。(毛糸、特にモヘアしかも高級なやつばっかやられた)

ニャーという名前を付けたのは夫。
にゃんにゃん、にゃんこ、にゃーにゃん、あーにゃん、くろちゃん、くろしろ、よごれ、おじーちゃんなどなど沢山の愛称がありました。
想いだしては、あれこれ悔やむこともあります。
数年前に亡くなったフェレットと一緒のペット霊園で眠っています。


ニャー亡き後、我が家の愛する四つ足は、12歳の柴犬モモだけです。
もう、ペットはいらないんだ!
モモが最後なんだ!
ってワタシは言っていた・・・そう言っていた・・・はずなのに・・・

猫、飼うことになりました。
すでにもう2匹家にいます。

どうしてこんなことになってしまったのか、話すと長いので今回は割愛させていただきます。
機会があれば語りたい(いや語らせて)とは思っています。

では、新しい猫たちを紹介します。
まず女の子「ナナ」です。
3月30日生まれのシャルトリュー。
なので愛称はニャル。
nyaru
テレビの前にいるところの写真ですが、後ろにもよくいたりします。液晶にも手を出したり、上によじ登って歩いてみたりと、とにかくテレビ好きなようです。


そして男の子「ニャンコ」です。
4月19日生まれのロシアンブルー。
愛称はニャーニャン。(今も昔もこればっか)
nyanko
やはり男の子は甘えん坊なんでしょうかね〜。いつも鳴いて寄ってきます。
運動能力はかなり高いと思います。
もうすぐカーテンレールの上を歩きそうな勢いです。

カーテン新しくしていなくてよかったー。心からそう思うのでした。
タグ:


posted by じんこ | Comment(2) | TrackBack(0) | 愛する四つ足