2014年01月21日

チューリップCarryC Longのモニター

チューリップの切り替え式竹輪針セットCarryC Longのモニター(詳細はここ)です。
キャリーC を愛用している者としては、ロングになってどう進化したのか、いち早く知りたいところでありまして応募しました。

モニターで送られてきたのは13号(6.00mm)のシャフトと80pのコード。
何を編んで試そうか。

80cmコードの輪針は、ぐるっと編むセーターや、目数の多い身頃で往復編みとかに便利ですが、6.00mmに合う糸となると太いよね〜
着るものじゃ膨れちゃう(着る前からすでに膨れている)し、細いモヘアでショールってのも考えましたが、ここはやはりマジックループの出番(最近マスターしたばっかりなんで試してみたい)かなと。
Tulip CarryC Long
ミトンで試すことにして、作り目を分けたところに愛猫ナナちゃんも登場。

キャリーC がロングになってシャフトはどう進化したか?
[長さ比較]
knitting needles
左がキャリーC、左がキャリーCロングです。
明らかに長くなっています。

[先端比較]
Knitting needles
左から、キャリーC、キャリーC ロング、キャリーC、キャリーC ロング。
なにかのお呪いのようですが、交互に並べてみました。
キャリーC ロングは、キャリーC に比べて少し先端が細くなっているのがわかりますでしょうか?
模様編みなどの時、シャフトの先端は細い方が糸をひっかけやすくなりますね。

コードはどうでしょう?
薄いベージュ色で、やや細く、かなり柔軟になりました。
(もしやマジックループを意識した改良なのかしら?)
knitting mitten
ふむふむ、キャリーC 同様、編みやすいですね。

チューリップの切り替え式竹輪針(キャリーC、キャリーC ロング)の絶対的特長ともいえる最大の強みは、接続部が外れにくいこと。
knitting
緩んで糸が引っかかり邪魔されたとか、外れて目がごっそり落ちてたとか、そういったことは一度もありません。
切り替え時もツール(ねじを巻くようなもの)不要ってのも楽ちんですよ〜。
このスマートさは声を大にして言いたいですね。
Knitting needles
結合部はキャリーC と同じなので互換性があります。


先端比較おまけ、クロバーの匠と比較してみましょう〜。
モニターで届いたキャリーC ロングの6.00mmと同じサイズがなかったので、キャリーC とクロバー輪針(付け替えできないくっついたタイプ)と先端比較画像です。
knitting needles
左から、キャリーC、匠、キャリーC、匠。(サイズは6.50mm ほぼ15号)
いくぶんか匠の方が細いですね。
ということは、キャリーC ロングと匠が同じくらいの細さ?
いや、キャリーC ロングの方がもうちょい細いか?
海外モノとの比較もしたいところですが、金属の細いのしか持っていないんですよワタシ。。。ざんねん。

まとめ
キャリーC ロングは、適度な長さと先端の使いやすい切り替え式竹輪針です。
個人的には、コードがあと少し柔らかければ最強だと思います。
いやいや今でも十分なんですけどね。
それと、キャリーC のようにバラ売りでも買えるようになるといいですね。


参考までに、それぞれシャフトのサイズ展開を記載しておきます。
キャリーC ロングは、4号(3.30mm)から15号(6.60mm)まで。
キャリーC は、3.50mm(ほぼ5号)から9.00mmまで。

以上、モニターのレポートでした。

で、ミトンはというと・・・
Stuffed Mitten


内側付きの二重ミトンにすることにして、大奮闘中です。

2016年1月31日追記
Addiのロケッツを愛用しています→この記事