2009年09月05日

カネストレッリ

近頃、我が家のお菓子作りは、もっぱらイタリアのお菓子。
中でも、焼き菓子を研究しています。
本物の味がわからないのに、研究もなにもないよなぁ〜と思いつつ。
きっかけは、図書館で借りたこの本です。

4947682175

イタリアの地方菓子 / 須山 雄子(著)


タイトルの通り「イタリアの地方菓子」についての文献です。
日本で有名なお菓子ばかりではなく、イタリアの地方に昔からあるお菓子について、名前の由来、発祥の地、ゆかりの人々のお話しなど、楽しく夢中ににさせられる本です。

一部、レシピが掲載されているので、表紙の真ん中に穴のあいたマーガレット形のビスコッティ「カネストレッリ」に挑戦。
材料はシンプルで、いつでも手軽に作れます。
優しい甘さでホロホロッともろく崩れるのが特徴。


画像は二回目の試作。
ネット検索でみつけたフェンネルシード入りのカネストレッリを焼いてみました。
Canestrelli
フェンネルシード入りは、前回のレモンの皮入りとは雰囲気が変わりますけど、まあまあおいしい。
でも、このレシピは、マイヤーレモンのクリームとラズベリーが添えられていますから、合わせて食べなくちゃダメでしょう。
マイヤーレモン育てたいわ。
タグ: お菓子


posted by じんこ | Comment(4) | TrackBack(0) | 食べ物

2009年02月19日

ニットカフェ 収穫その1

昨日のニットカフェ、おいしい食べ物がい〜っぱい。
foods
一番のヒットはこちらの「味つきゆで卵」。
みそ味です。
ゆで卵を2日間、みそとみりんだけで作ったみそ床に漬けただけなんだそうです。
香りよし味よしで、我が家でも作ってみようと思いました。
その隣は、スモークしたタン。こっちもおいしかったです。

sweete
次のヒットは六花亭「雪やこんこ」の後ろに見えている白い丸いもの。
これ、メレンゲのクッキーです。
ものすごく軽くて、食べるとシュワシュワっとすぐになくなっちゃうクッキー。
ほんのりココナッツの焼けたいい香りがします。
正式には「ムラング・ココ」っていう名前みたい。

(いい香りの正体はアーモンドかバニラかも。おとといモーツアルトに行ってきてわかったのですが、これは「マカロン」でした。2月28日訂正)

東区にあるモーツアルトのお菓子でした。
ここの近くのハローワークに通っていた頃、通る度にものすごーくいい匂いがするなぁ〜って思っていました。
おいしいのは匂いだけじゃなかった。
激ウマです。


posted by じんこ | Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物

2009年01月12日

キャラメルクッキー

キャラメルクッキー

先日買ってきたクッキーカッターは、きむらかよさんのキャラメルクッキーで只今大活躍しています。
ガリガリかためのクッキーで、キャラメルのコゲた香りと少しの苦味が好きなんです。
甘さはやや控えめですけど、ちょうどおいしいバランスだと思います。

キャラメルクリーム

カラメル状に煮詰めたグラニュー糖に、生クリームを入れると、ジュワジュワ〜って音がして、お鍋から吹き出そうになった時は、生クリームの温度が低すぎたのかと心配しました。
もう少し前に冷蔵庫から出しておくべきだったかなーと不安になったけれど、ちゃんとキャラメルになってくれました。
自分で作れることを知って感動です。
あんまりおいしいから、お鍋のふちとかスパチュラについたキャラメルを指で全部なめちゃいました。


きむらかよさんのキャラメルクッキーの作り方は、この本を参考に作りました。
4796648151絵本からうまれたおいしいレシピ2~絵本とお菓子の幸せな関係~ (emook)
きむら かよ 晶子 アコ
宝島社 2005-08-29

by G-Tools
タグ:お菓子


posted by じんこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2007年03月31日

ヤンソンさんの誘惑

ちょいと多忙な毎日なんですが、「スウェーデンパン試食の夕べ」に参加することになり、当別のスウェーデン交流センターまで行ってきました。
「さっぽろ赤レンガカフェ」でお友達になったリュッケさんからのお誘い。詳しい内容は彼女のホームページlykkeのjournal(3/27/07)に。

石釜で焼いたパンが2種類と、スウェーデンの料理がたくさん用意されていました。どれもとってもおいしかったです!何度もおかわりして食べたメニューが「ヤンソンさんの誘惑」です。ユニークな名前ですよね。
この料理はスウェーデンの家庭料理で、ジャガイモと玉ねぎとアンチョビが入っただけのシンプルなグラタンと言っていいかと思います。
この時食べたのはアンチョビの塩味がちょっと強かったのかもしれませんが、すごくおいしかった!
グラタンの上ってのは、チーズとかパン粉とか乗せて当たり前みたいな印象を持っていましたが、こちらのヤンソンさんはチーズもパン粉も何も使ってなかったと思う・・・しかもベシャメルがクリームっぽくなくてさらっとしてました。
このおいしさを絶対に我が家でも再現したいと思ってレシピ探してみたら、たくさんヒットしましたよ。なかでもこちらのサイトの作り方が近いかもWhoopee KitchenRecepiの「9 旅の思い出 スウェーデン料理」に。

アンチョビ買ってこなくては。

れんげ草の種左:スウェーデン交流センターのパンフレット

右:れんげ草の種。
入り口に置いてあったものでご自由にどうぞとありました。イラストがかわいくて手にとってみたら、こちらのサンタは緑色の服を着ています。自然を守る心を世界に広めたくてグリーンになったんですって。なんて愛らしい。
グリーンサンタはデンマークの環境親善大使でした。



posted by じんこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物