2006年12月04日

ミラクルマフラー

魔法の一本針マフラーが完成しました。
ミラクルマフラー
キットには魔法の一本針13号の他に、編み図と毛糸が1玉入っていました。
その毛糸がダイヤミュゼ。この色は42。
残念なことに色は選べなかったんですよね。

ダイヤミュゼはふわっと太い毛糸なんですけど、1本で、全部太いわけじゃなくかちっと細いときもあり、段染めですから色も変わっていくわけで、編んでいて楽しい毛糸でした。
ただ、絡まりやすい。間違ってほどく時はちょっと大変でした。一発勝負毛糸と呼んでいます。
で、ダイヤエポカで練習(この下の記事)していたのです。

魔法の一本針の本を何冊か目にして、ナゾだった部分も解消されました。
しかし、本が古くてびっくりしました。あんまり出版されていないらしく、私が見た本は10年くらい前だったり。もしかして超レア?コアか?

このマフラーはチェーンペトゥールという編み方で、編み方そのものは難しくないのですが、長さというか高さを揃えることが難しかったかな。


2006年11月24日

ニットの貴公子と魔法の一本針

昨日、クラフトフェスタ2006に行ってきました。
いちばんの目的は「広瀬光治さんのトークショー&魔法の一本針で編むマフラー」です。

2時のに参加することができました。
テレビで観ている姿もステキですが、実物はもっとステキでした。背が高くてとってもスタイルがいい。いつもと雰囲気が違って見えたのは黒のニットのせいかしら、スパングルか何かキラキラするものが光っていました。
トークショーはニットのルーツとか、最近のCMのエピソードとか、利尻礼文のウニとか、12月のニット展などいろいろなお話しを聞かせてくれました。

魔法の一本針では初心者の私たち(一緒に行った友達は超初心者)は大変苦労しました。魔法の一本針ってかぎ針じゃないんですよ。知ってましたか?(知らないのはうちらだけなのか?)編目記号からしてなんのこっちゃ状態。
広瀬先生も近くに見に来てくれたのに、四苦八苦して余裕もないものだから顔を上げれませんでした。こんなことなら事前に学習してくべきだった。

でも大丈夫。
その後サイン会があったのです。
握手もしてもらいました。がしっとした大きな手だったような。
写真撮影もOKだった・・・涙。カメラを持っていくべきでした。
練習
うちにある毛糸で、思い出しながら魔法の一本針の練習をしています。本を見て確認したいです。

私がサインしてもらった本はこちら↓
優雅なメッシュワーク優雅なメッシュワーク
広瀬 光治


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
時間はかかるようですが、やってみたい技法です。どれも美しい作品ばかり。